スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳科学を活用した教材研究セミナー

夏季教員研修として、8月23日に神戸で
『脳科学を活用した教材研究セミナー』を開催しました。

脳科学を活用した教材研究セミナー

最近の脳科学では、左脳・右脳といった2分割ではなく、4分割で考えるのが主流です。
つまり、人は大きく分けて4つの脳を使い分け、人それぞれ、どの部分を使うのが得意か
(これを、手・足にも利き手、利き足があるように、私達は利き脳と言っています)があります。

もちろん授業を行う先生にも、授業を受ける生徒にも、それぞれ利き脳があるのですが
同じ場所をよく使う者同士は、互いのことが理解しやすく、利き脳が異なると、同じ事を表現しても
違った表現となり、あまり理解し合えない事がわかっています。

つまり、先生がわかりやすい!と思っている授業や教材が、授業を受けている児童や生徒には
もしかしたら、「わかりにくい」ものになっている場合もあります。

そこで、参加頂いた先生方には、最初に脳科学に基づいた 人の思考特性と行動特性について
正しい理解をして頂き、そのあとで、特性別にどんなことに注意すれば、その人にわかりやすい
授業や教材ができるかを考えてもらいました。

【研修の流れ】

1)脳科学の理論にもとづく人の思考特性と行動特性を正しく理解する。
  ここでは、人の思考特性を 分析型・ディテール型・社交型・コンセプト型 の4つに分け
  行動特性を 自己表現性・自己主張性・柔軟性 の3つに分類し、それぞれの特性を説明します。

脳科学に基づく利き脳について

2)思考特性別の「わかる授業」を考えてもらいます。
  4つの思考特性を正しく理解すると、自分の利き脳もわかってきます。
  そして、実際に思考特性別にわかる授業を考え始めると、簡単にわかるもの(自分も近い思考特性を
  持っている場合)と、なかなか相手の立場にたって、どうすればわかりやすくなるか、わからない
 (思考特性が真逆であったり、自分に特性の現れていないパターンの場合)特性がある事に気付きます。

思考特性ごとのわかる授業案作りに挑戦中

3)各班が考えた授業案を模造紙に書きます
  それぞれの班で考えた授業案を、模造紙に書き出し会場の壁に張り出します。

考えた授業案を模造紙に書き出します

4)全員の前で発表します。
  自分達が考えた、思考特性別のわかる授業案を他の班の人に発表し共有をします。
  発表のあとは、みんなで意見交換をおこないました。

思考特性別に考えた授業案の発表

【参加者からの感想】

・思考特性(利き脳)によって、同じものがこんなに違ってくることを初めて知った。
・児童、生徒より先に、教員がまず自分の特性を知り、教師間のコミュニケーション向上に使える
・今、一つのクラスの中に、様々な思考特性の子ども達が混在しているので、どこに合わせればよいかも課題だ
・科学的な根拠に基づいているし、自分にも照らし合わせて考えられるのでわかりやすい

今回は、子ども達の夏季休業中を使った、先生方の自主参加による研修会でしたが
さんぴぃすでは、この様な研修を学校や地域の教科部会などで実施したいと考えています。

また、この研修のベースとなる脳科学理論(エマジェネティックス)を教育分野に活用するための資料として
当法人のホームページから、学会発表での論文と資料をダウンロード出来るようにしています。
ご興味がある方は、そちらもご覧下さい。

さんぴぃすのホームページはこちらをクリックして下さい。

研修にご興味がある方は、ぜひお気軽にご連絡下さい。

電話 0797-22-8896
Mail info@sanps.com



スポンサーサイト

アシレンジャーのページが出来ました

「芦屋の自然を守り、自然に学ぶ」
を合言葉に活動を開始したアシレンジャーに
活動紹介をおこなうホームページが出来ました。

アシレンジャー公式ページはコチラから

毎月の活動や芦屋で発見した生物の写真など、見て楽しめるページになっていますので
友だちにどんどん紹介して、みんなで見てください。

また、アシレンジャーへの参加者も随時募集していますので、友だちををどんどん誘って
みんなで芦屋の自然で遊びましょう。

脳科学を活用した教材研究セミナー行ないます!

夏期の教員研修として、
脳科学を活用した教材研究セミナー
を開催します!

子ども達の“わからない?”
科学的に理解しましょう。


研修の内容は・・・
最新の脳科学と30万件以上のデータベースから導かれる、
人の思考特性と行動特性を知り、児童・生徒の特性に合わせた
(つまり子ども達が理解しやすい教材や板書とはどんなものかを
知り、自分の授業に活用するためのセミナーです。

また、5つの 子どもの学習スタイル を学び、
「子ども達の長所を伸ばす授業とは何か」を参加者と一緒に
頭と体を動かしながら考える体験型セミナー(研修会)です。


日 時: 8月23日(月) 10:00~16:00
会 場: こうべまちづくり会館 3階 多目的室
     神戸市中央区元町通4丁目2-14
    (元町商店街4丁目西端の南側角)
受講料: 2,000円(テキスト代含む)
定 員: 2 0名(先着順)

詳細ならびにお申し込みはこちらのPDFファイルよりご確認下さい。

尚、ご質問等はNPO法人さんぴぃすまでお気軽にご連絡下さい。
TEL 0797-22-8896
Mail info@sanps.com

来年の4月1日は・・・

昨日(エイプリルフールに)理事長が掲載したブログに
多くの方からお返事(寄付のお申し出付きも)を頂きました。

その中には、「えっ?エイプリルフールだったの? 今すぐでも出来るのに・・・」 とか
「本当に実現した時は、ぜひ私にも声をかけて!」 など、多くの激励もありました。

来年の4月1日には、「さんぴぃすが、ついに理想の学校を設立!」 
くらい大きな事が言えるよう、今年度も頑張ってまいります。

昨日の記事は、エイプリルフールでしたが、寄付や支援は常に大歓迎ですので
お気持ちをお持ちの方は、ぜひご連絡くださいね ♪

多額の寄付が集まりました

理事長ブログでも発表した通り
さんぴぃすは新たな事業への挑戦を決定しました。

この表明をご覧頂いた方から、本日だけでも9千万円近いご寄付のお申し出を頂きました。
(正確には、10億ウォンも含む)

言葉にすれば、その時点で半分は実現している! と誰かに聞いたことがあります。
まずは思いを口にする事から、今年度も始めたいと思います。

今年度もご支援・ご協力 よろしくお願い致します。

※ちなみに、理事長ブログの記事は 2011年4月1日の未来予想日記ですので
 ご寄付を申し出て下さった皆様も、それを承知の方々です。(^ ^;

子どもの「なぜ?」がわかる脳科学に基づく親子体験フォーラム

子どもの「なぜ?」がわかる脳科学に基づく親子体験フォーラム 
を 3月6日(土)に神戸で開催します。

わが子なのに、どうしても子どもの行動や態度が理解出来ず
つい怒ったり、感情的に叱ってしまうことありませんか?
また、自分の子は落ち着きが無く、教室で静かの座って授業を受けるのが苦手なので、よく先生から叱られる・・・。
など、多動やお子さんや注意散漫に思われがちのお子さんを心配している保護者の方も多いと思います。

実は人にはそれぞれ利き脳(よく使う脳の部分)があり、その子に応じた学習方法を実践することで、今まで気づかなかった才能を上手に延ばす事も可能になります。

これまでの学校教育では、静かに座り、先生の言う事をよく聞く子が 良い子 で、いろいろなものに興味・関心を持ち、自らいろいろな事を試したい子ども達が落ち着きの無い 悪い子 にされてきました。

本当にそれでいいのでしょうか?

まずは、子どもの特性を正しく理解し、その子に合ったコミュニケーションや学習、指導をしていくことが大切です。

最新の脳科学に基づく理論とその応用方法をわかりやすくお伝えします。

気軽に聴きに来てください。

保護者はもちろん、教員や教育関係者の方もぜひご参加下さい。


日時 3月6日(土) 14:00~15:30

場所 神戸国際会館 402号室


100306.jpg


【内容】

1. ブレインジム

学習障害なども改善が期待できるブレインジムをご存知ですか?今回はプチ体験できます。
脳を活性化させるエクササイズにチャレンジ!

2. 講演 「親子関係の向上が子どもの個性を伸ばす」

講師:NPO法人さんぴぃす理事長 河口 紅(エマジェネティックス 認定アソシエイト)


子どもの学習意欲と親子関係は密接な関係があるといわれています。
今回のフォーラムではアメリカの教育学者ゲイル・ブラウニング博士によって開発されたエマジェネティックスカリキュラムをベースにお子さんの個性を伸ばす指導法をご紹介します。
米国では多くの教師が実際の教育現場で取り入れているプログラムです。

参加をご希望される方は、コチラをクリックし申し込み用紙に必要事項をご記入頂き
お申込みください。

直接のご連絡は、 NPO法人さんぴぃす までご連絡ください。
お電話 0797-22-8896
Mail info@sanps.com 

テーマ : 子供の教育 - ジャンル : 学校・教育

近畿子どもの水辺交流会

1月23日(土)に第3回近畿子どもの水辺
交流会in京都
が行われました。
メインフォールの様子

我らが芦屋川探検隊も、昨年に引き続き発表会に参加しました。

展示物

発表風景

この交流会は、毎年1回近畿各地から、地域の水辺で活動をおこなっている小中学生が
自分達の活動を、多くの他の子ども達や大人達の前で堂々と発表出来る貴重な場です。

みんなで考えよう

また、6つのグループに分かれ、それぞれの活動の自慢や楽しい事、そして活動の問題点などもみんなで考えました。
そして、どんな水辺が大切かについても、付箋にいっぱい書いて張り出しました。

CIMG9237.jpg

この交流会も、毎年盛り上がり続け、今年は発表に参加してくれた児童・生徒と引率者などが約450名。
当日、活動を身に来てくれた一般参加の方が約130名。
体験ブースの関係者や実行委員なども含めると、全部で700名近い人に参加頂けました。

来年は、奈良市での開催が決まっています。
(1年目は大阪、2年目は滋賀、今年が京都、そして奈良の次はいよいよ兵庫)

また来年も、今年以上に楽しい活動を行い、ぜひこの交流会に参加したいと思っています。


活動にご興味のある方は、ぜひ下記までお問い合わせください。

メール info@sanps.com
電 話 0797-22-8896

NPO法人さんぴぃす まで。


テーマ : 環境学習・地域学習 - ジャンル : 学校・教育

明けまして おめでとうございます

新年 明けましておめでとうございます。

新たな年の始まりです。

心も体もリフレッシュして、今年も1年

素敵な年に出来るように、お互い頑張りましょう。

年末・年始のお知らせ

年末・年始のお知らせです。

明日12月29日(火)~1月4日(月)まで
お休みを頂きます。

年始は、
1月5日(火)から通常業務を行います。

今年も1年、さんぴぃすをご支援頂きありがとうございました。

来年も、よろしくお願い致します。

皆様も、良い年をお迎えください。

親子の脳科学子育てフォーラム開催します

親子のコミュニケーションがもっと
よくなる脳科学子育てフォーラム


日時 平成21年11月29日(日)
時間 午後1時30分開場 午後2時~
会場 エルホーム芦屋 交流スペース 
    住所:芦屋市浜町12-3 
定員 80名(親子でご一緒に参加も出来ます)
参加料 無料
託児料 1人/300円(定員有り)


詳細は、コチラをクリックしてご確認下さい。
また、参加を希望される方も、上記をクリックし、申し込み用紙に
必要事項をご記入いただき、FAXもしくはメールにてご連絡下さい。

【内 容】
子どものことをよく理解できない・・・つい叱ってしまう・・・
そんな悩みは脳科学でときあかせます。
子どもたちの考え方や行動の特性は脳科学をベースに分析できます。
それぞれの子どもの強みを理解することで、親子のコミュニケーションを円滑にすることができます。
いままで理解できなかった「子どものなぜ?」がすんなりわかる体験ができます!

当日は、ミニコンサート、ブレインジム、そして脳科学にもとづく講演を予定しています。
親子からシニアの方まで、楽しく参加頂ける内容になっていますので、ぜひご参加ください。
※このフォーラムは、平成21年度阪神南地域づくり活動応援事業です。

プロフィール

さんぴぃす

Author:さんぴぃす
「学びの原点は遊び!」
を合言葉に子どもの健全育成に
関わる教育事業をおこなっています。

・子ども向け各種ワークショップ
(野外体験学習、公民館講座、
工作ワークショップなど)
・教員、PTA、児童生徒への
指導、研修
・各種人材育成研修 
などをおこなっています。

みなさんも、さんぴぃすの活動
に参加してみませんか?

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。